朝早くに見た外の雪の綺麗さ現象

今朝病院の診察券を出しに朝早くに家を出て病院に向かいましたが、あまりにも早かったのかまだ入り口が開いていなかった為に外で待っていました。行くとき雪は降っていませんでしたが、外で待っている間に少しずつ雪が降ってきました、今年は珍しく1月でも道路い雪が積もっていませんでした。そこに空から雪が粉雪の様にさらさらと降ってきました。それに少し風があったせいか、雪が風に舞いながら道路にさざ波の様に渦を巻きながらさらさらと、まるで雪で文字を書くようにさらさらと待っていました。初めて見た現象でとても綺麗で感動しました。その後もまだ病院が開かないので、雪の様子を眺めていました。そしたら私が待っていた駐車場に何と表現した良いのか難しのですが、新体操の選手が綺麗にくるくると回りながら、そこの一部の場所だけに絵を書いているように綺麗な丸い輪が出来たのです。びっくりしました。こんな事があるんだと。それからも目が釘ずけになり、静かな朝の中綺麗な雪の降り方を観察していました。本当に次から次へと雪が風と共に空から舞い降り、まるで道路の上を風と共に楽しく演技しているようにも見えました。本当に静かな波が道路で泳いでいる雪の状況でした。本当にこんなに綺麗に見る事が出来るんだと感動しました。寒くて嫌な冬ですが、こんな綺麗な雪化粧を見れたのは感動でした。そして朝の静かな時間も良かったんだと思います。最初は寒くて早く病院開かないかなと思いましたが、こんなに綺麗な雪の降り方の現象を見ているうちに、寒さも忘れて夢中になって見ていました。何か普段の慌ただし日常生活や仕事の大変さも何もかも忘れ無心の状態でゆっくりと眺めていました。今日朝早くから出かけて良かったです。丁度良い感じに雪が降って来たのもタイミングが良かったんだと心から思いました。この雪の風景は今日だから見れたと思います。本当にビックリしたと同時に感動しました。まだまだこれから沢山の雪が降りますが、積もってしまうと見れないので感動です。いるじゅらさ